pagetop

新着情報新着情報

レールの交換時期とは


レールは鉄製、車輪も鉄製。

とても丈夫ですが、その2つがこすれ合って徐々に摩耗をしていきます。

でも、車輪の方が少しだけ、柔らかくつくってあります。

車輪を交換するのは簡単ですが、レールを交換するのは大変だからです。

なのでレールが摩耗するのはとてもゆっくりで、頻繁に取り替えられることはありません。

東海道新幹線の場合、通過列車の総重量が6億トンを超えたとき、もしくは頭部の摩耗9mmで交換されていきます。

実際には10年程度でしょう。

首都圏の在来線であれば20年程度、田舎の線路なら数十年もつことになります。

さて、摩耗によって交換されるまでがレールの「第1の人生」だとしましょう。

問題はここからです。

その後、レールはどうなっていくでしょうか?

日本最初の「答え」は、「ひっくり返す」でした。

1872年、日本で最初に用いられたレールはイギリス製で「平底レール」でなく「双頭レール」でした。

上下対称のI型で、頭部が摩耗したらひっくり返してもう1度使う。なんと頭の良いことでしょう。

しかもエコです。

しかし、「チェア」やくさびを使っての施工や水平に保つ保守があまりに面倒で、双頭レールそのものがあっという間に廃れてしまいました。

そのうち、日本独特の再利用方法が開発されました。

駅舎の構造材として使うようになったのです。


鉄道の軌道工事・保線は松本軌道工業株式会社にお任せ下さい。


会社名:松本軌道工業株式会社

《 本社 》
〒630-0254 奈良県生駒市東旭ヶ丘5番41号
TEL 0743-75-4699 FAX 0743-75-2089
《 草津営業所 》
〒520-3026 滋賀県栗東市下鈎13
TEL 077-551-0894 FAX 077-551-0895

業務内容:鉄道の軌道工事・保線

train