pagetop

新着情報新着情報

日本人と鉄道の出会い


1825年、蒸気機関を利用する鉄道が初めてイギリスで実用化されました。

この技術は約30年後、幕末の日本に蒸気車の模型として到来しました。

イギリスでの鉄道発祥

世界で最初の蒸気鉄道は、イギリスの炭鉱で産出した石炭を運搬する目的でストックトンとダーリントン間の約40kmに設営されたストックトン・アンド・ダーリントン鉄道です。

機関車としてジョージ・スチーブンソンが設計したロコモーション号が使用されました。

この鉄道は石炭輸送を主目的としており、旅客の依頼があれば鉄道上を馬に牽引された車両で利用することができました。

ちなみにここで採用された軌間4フィート8インチが、国際標準軌間の4フィート8インチ1/2 (1,435 mm) の基本になったとされております。

本格的な客貨両用鉄道は1830年にイギリスで開通したリバプール・アンド・マンチェスター鉄道で蒸気機関車ロケット号を使用しました。

その後鉄道は先進各国で産業発展の担い手として発達していったのです。


鉄道の軌道工事・保線は松本軌道工業株式会社にお任せ下さい。


会社名:松本軌道工業株式会社

《 本社 》
〒630-0254 奈良県生駒市東旭ヶ丘5番41号
TEL 0743-75-4699 FAX 0743-75-2089
《 草津営業所 》
〒520-3026 滋賀県栗東市下鈎13
TEL 077-551-0894 FAX 077-551-0895

業務内容:鉄道の軌道工事・保線

train